坂本龍馬

坂本龍馬
今から約150年前、幕末。鎖国を続けていた日本が欧米列強の1853年の黒船来航を機に世界との文明・経済の格差に気づき日本の未来、あるべき姿について命を懸けて憂慮し、奔走した人々がいました。
その頃日本は、開国派と攘夷派に分かれ、内紛が絶えませんでした。
しかし、いがみ合い、殺しあうことでは何も変わらないことを説き、日本を1つにまとめ上げようと尽力した人物がいました。坂本龍馬です。
犬猿の仲であった薩摩藩と長州藩に同盟を結ばせ(1866年3月7日 薩長同盟)、265年続いた徳川幕府による独裁政権を、無血革命という世界的にみても例の少ない方法で朝廷に返上させました(1867年11月9日 大政奉還)。
坂本龍馬は土佐藩の脱藩浪士でありながら、当時の日本を代表する有力者、しいては将軍や朝廷にまで影響を与えたのです。 そして朝廷下で民主主義を取り入れた新政権を樹立しようとしましたが ― 。
世界を駆け巡るという夢半ばで京の都で1867年12月10日、命を絶たれた龍馬。32歳という若さでした。
しかし、その夢は今、坂本家本家の子孫により再興され「日本酒 極印龍馬」として海を渡ることになります。

 

ショップバナー大